自分を愛するという生き方

いつだって
ひたすらに、ひたむきに
一生懸命に生きてきた。

だからこそ語れる想いがある。
今しか伝えられない想いがある。
それが、わたしの語るモノローグだ。

人生は唯一無二の物語、そして一人ひとりが主人公。

帰る時間も忘れて遊び回った日々。
寝る間も惜しんで読み耽ったあの本。
誰に反対されても、手に入れたかった夢。
また、悔しくて眠れなかったあの夜。
ずっと大切にしてきたものを失い、声を殺して泣き続けたあの夜。
そして、これまでの自分に決別をして立ち上がったあの朝
決して諦めないと、傷だらけの心を奮い立たせたあの時。
その全てが、わたしたちの物語。
そしてわたしたちは主人公として、今を生きている。

モノローグは大切な人へ贈る
エールとメッセージ。

あなたの智恵は、誰かの探している宝物。

あなたがこれまでに得てきた知恵や知識、それを詰め込んだあなたの言葉は、
必要としている人、求めている人たち、探している人たちの宝物となる。

あなたの経験は、誰かの勇気となる。

あなたが語る経験してきたこと、これまでに感じてきた全ての想いは、
誰かの心にきっと響く、そしてそれはその人が生きる勇気となる。

あなたの言葉は、全てが唯一無二のモノローグ。

あなたの人生は終わることのない物語。
あなたが語る言葉は、そのモノローグとなる。

あなたの経験は、誰かの勇気となる。

あなたが語る経験してきたこと、これまでに感じてきた全ての想いは、
誰かの心にきっと響く、そしてそれはその人が生きる勇気となる。

漢字と名前で読むあなたの物語

そして、次章へ

あなたの心のモノローグ。
漢字と言葉に聞いてみませんか。

漢字と名前で読む物語は、独自の漢字診断表や漢字カードを使った心理診断です。
あなたの持つ名前と組み合わせてその意味をよみ、明日に続くあなたの物語を語ってくれます。

著者ブログより

過去は消すものではなく、包むもの

先日、母が郵便局で朝顔の苗を貰ってきた。

「ご自由にお持ち帰りください。種が出来たら、お返しください。」
と書いてあったらしい。

種から育てるのが一番大変だから、と母は喜んでいた。

持続可能な素晴らしい取り組みだと思った。

一年草は、季節が終わると種や球根に戻る。

でも、それで命が終わるわけではない。

これまでのことを全て包んで種や球根になる。

そして新しい季節を待つ。

全てをリセットして生まれ変わるわけではない。

それが生命を持つモノたちの営みだと思う。

わたしたちもそうだ。

生まれ変わったつもりで生きることはできる。

モノゴトを一からやり直すこともできる。

でも、リセットは出来ない。

何を消しても、名前を変えても、

リセットすることだけは出来ない。

それだけは間違いない。

だから、どんな過去も想いも、

ココロの種子で包みまれているはず。

だからこそ、大輪の花が咲くのだと思う。

著者紹介

TOUKO/石川統子(Motoko Ishikawa)

言葉と心の診断士/モノ書き

発信コンサルタントや書き方トレーナーとして
ブログサイトを監修、言葉の使い方や書き方を伝えている。
また、漢字117診断やダイアリーセラピー等、言葉から心情や心境を読む、
言葉と心の診断士として「言葉(漢字)✖️心理学」の活動を行なっている。