文章に、ほんの少し「あなたらしさ」を出してみませんか?

文章に豊かな表現にするための技法のひとつに修辞法があります。

比喩・擬人法・オノマトペ

が代表的です。

この技法を文章に取り入れるとき、あなたらしさをいれてみませんか?

心に響く一文を考えてみませんか?

日本文学にはこの中の「比喩」がよく使われています。

例えば、
「民さんは野菊のような人だ」(伊藤左千夫「野菊の墓」より)

ただ、上記は褒め言葉ですが、
誤解を生む場合もありますね。

もしかしたら、
「民さんは野菊のように可憐な人だ」

このほうが伝わるのかもしれません。

このように、ほんの少しアレンジすることで、
文章は柔らかく、また印象深くもなります。

そして、何に例えるか、そこに文章の意義が生まれると思います。

あなたの発信したい、商品、サービス、作品。

それにどんなイメージを持ってもらいたいですか?

あなたの言葉でそれを表現しましょう。

あなたの「発信」にほんの少し、

あなたらしさを入れてみましょう。

※メルマガでは、このような文章技法についてもお話ししていきます。
お申込みはこちらから♪

https://mail.os7.biz/add/FWwG