「2つ目のWHO」

文章やブログを書くときのフレームワーク、

6W2Hには2つのWhoがあります。

作文や報告文書では主語になるのでしょうが、
発信においては「相手」と「自分」です。

「相手」について、はペルソナ等とも言われているように、
ある程度ははっきりしていると思います。

では「自分」についてはどうでしょうか?

書いているのはあなたですから、
もちろんそれはあなた自信の言葉です。

でも、

「あなたは誰ですか?」

こう聞かれたら、あなたは何と答えますか?

フルネームを言いますか?

それとも職業?

経歴?

それはあなたの著した「想い」を裏付けていますか?

あなたの「熱い想い」には必ず理由があるはずです。

理由や裏付けはあなたが今まで歩いてきた人生です。

そして、それを説明できるのはあなただけなのです。

「情熱発信」はわたしたちの内から出る輝きです。

2つ目の「Who」を明確にし、自己表現を楽しみましょう。