アンティークなラジオ、知っていますか?

わたしたちのココロは、
ラジオのようなものではないでしょうか。

ダイヤルを少しずつ回しながら、
周波数を合わせていきます。

アンテナの向きをあちこちに変えて、
より鮮明に聞こえる場所を探します。

聞こえてきたと想っても、風が吹いたら一瞬音が途切れるし、
クルマが通り過ぎるとまた聞こえなくなることもありました。

それでも明瞭に音声が聞こえる瞬間があるのです。

そして、なんとか電波を探し当て、やっと聴くことが出来るのです。

現代は数字を合わせるだけ。
いろいろなモノに妨害されることもなくなりました。

でも、わたしたちのココロはデジタルではありません。

発信する側も受信する側も、いつも風にゆれ、
壁やいろいろなものに遮られるのです。

だから、あなたの発信がすぐに届くとは限りません。

それでも、誰かがきっと、あなたの発信する情報を
探しています。

アンテナを精一杯伸ばしているはずです。

あなたの経験や知識はみんなが探している宝物です。

あなたの「想い」をあなたの言葉で表現してみませんか?

前の記事

「2つ目のWHO」

次の記事

自分に還る発信