「青いヘリクツ」

「青いヘリクツ」

ドイツから来た青年。

たった5日間だけだったけど、

姉の家族や、母、そして妹の息子にとっては

いろいろな想いを遺した日々であったと思う。

一方で、妹の、14歳の少女だけは、

最後まで会いにいこうとはしなかった。

塾が忙しく、疲れていたのもあったとは思うが、

わたしが誘っても、母が誘っても

「そんな野次馬ではないし、
一緒にはしゃぐキャラではないから・・・」

そう言っていた。

大人が聞けば、それはヘリクツだ。

でも、彼女にしてみれば、それは精一杯の言い訳なのかもしれない。

恥ずかしさや、照れくささ、反発心や、ちょっとした自身の無さ

14歳というのは、多感な時期なのだろう。

その「青いヘリクツ」を愛おしくも感じた。

わたしたちも、時々において、「ヘリクツ」を言う。

感情に任せた言動のあとには、自分の言動を正当化させる理由が欲しくなる。

正当化させる理由が見つからないと、

それは単なる「わがまま」になってしまう。

自分はもう大人なんだからわがままモノではない!

わがままばかり言っていると、周りに迷惑をかけてしまう!

もちろん社会で生きていくには必要です

それでも、

いくつになっても心の中にある素直な感情。

そして、ついつい言ってしまう「青いヘリクツ」

なかなか言葉に出来ない本当の気持ち。

そんな自分自身を愛おしく思う事が出来れば、

きっと明日はより好い1日になる。

最近は、そう思えてならない。

次の記事