情熱発信流書き方③ 文体や表現の選び方

文体は、内容によって決めます。

敢えて固い文章にしたり、メッセージっぽくしたり・・・

自分の意見や思いが強い場合は、メッセージにします。

これは自分自身にも言っているからです。

こう書いているけど、あなたはどうなの?

絶えず、自分に問いかけています。

出来事を書くときは、どちらかと言えば固く書きます。

感情を入れると伝えたい事柄が見えにくくなるので、

自分自身も無表情で書くようにしています。

感情の抑制効果ですね。

伝えたい一文が、

例えば、小説の一文であったり、誰かの語録の場合には、

本人や作品の世界観を大切にします。

作者の意図を大切にしたいと思うからです。

用語はなるべく使わないように心掛けています。

人によってイメージが違うからです。

感想や感情は具体的に伝える方が効果的な場合もあります。

悲しかった→涙が止まらなかった

癒された→気持ちがスッキリした

悲しみや癒しは、人によって感じ方はさまざまですが、

具体的にすることにより、そのときの感情を人は思い出すことが出来るからです。

逆にノウハウを書くときには、専門用語は重要になってきます。

その言葉で必要な知識を探している人がいるからです。

以前、あるアーティストさんが、作詞するとき、
歌の内容によって文字を使い分けていると聞いたことがあります。

文字や文体の持つ世界観

これも表現方法の一つだと思いました。