【ホタルイカ】

10月8日は父の命日です。

13年前、父は玄関先で倒れ、そのまま逝ってしまいました。

それ以降、10月の連休は毎年お墓参りをしています。

父の墓は、母の故郷、滑川市にあります。

滑川市といえば、ホタルイカ

春には漁も体験することが出来ます。

あの幻想的な光の下には、厳しい自然の摂理があります。

そして、それを受け入れ、その小さな命を全うする

小さな光の発信が、その大切さをわたしに届けてくれる、

そう思えるのです。

ホタルイカは富山湾に産卵のためにやってきます。

富山湾に押し寄せるのは、

そのほとんどが腹に卵をもったメスです。

オスは数千尾に1尾しかいないらしく、

オスははメスよりもやせていて華奢、

メスよりも早く死ぬそうですが、

メスと別れた後、オスは何をしているのか、

どこでどうなるのかはあまり知られていません。

産卵期のメスは昼中は海底で生活していますが、

夕方から夜中にかけて浮上し産卵します。

そして、産卵により力尽き、

あるいは、潮の満ち引きによって沖に戻れず、

浅瀬で浮遊しているホタルイカ

小さな光でも、一生懸命に輝き続けること

そして、その光が集まれば、それは大きな光になること

そんな発信をサポートしていきます。