未来を映すレモン色日記

先日、友達に誘われ、ライブに行ってきました。

小さいライブでしたが、ナマ音の迫力は心に響き、
いろいろな記憶が、わたしの心に蘇ってきました。

その中にこそ、大切な想いがあるのでは、と思えるのです。

例えば、それは無邪気に夢を追っていた頃の自分。

初めて誰かに恋をしたときの甘酸っぱい気持ち。

そして、明日のことなんて考えずにがむしゃらに生きていた、
あの熱い時代です。

あのころの輝きを今も持ち続けていますか?

あのころ、なりたいと思った自分に今なっていますか?

それを自分自身に問い続ける時間でした。

あのころになりたかった自分をもう一度描いてみよう。

そして、それを今の自分に映してみよう。

例え今は違っていても、わたしたちは、
あのころよりもずっと学び、強く、逞しくなっているはず。

だから、わたしたちは、あのころより、
なりたい自分にもっと近づくことができるのではないでしょうか。

レモン色は「思い出」に例えられる言葉です。

今回は、過去から未来を映す鏡としてこの色を選んでみました。

これが、先日書いたわたしのレモン色日記です。

「自分が一番自分らしく生きた時代 -レモン色日記ー」

何かに夢中になっていた時代が確かにあった。

20代は遊ぶのに夢中になっていた。

30代はお芝居に夢中になっていた。

周りのことなんて見えていなかった。

ファッションも音楽も、流行なんて関係なかった。
お気に入りが全てだった。

ただ、「行きたい!」「会いたい!」「遊びたい!」
それだけで動いていた。

それでいいと思っていた。
それがわたしだと思っていた。

たった一つ言えたこと

自分のためだったこと。

「誰かのため」とか「今はこうだから」とか、言い訳することもなく、

正直に生きていた時代。

今、わたしはは正直に生きているのだろうか?

自分に言い訳をしていないだろうか。

今、描き始めた未来、たどり着きたい自分の未来をしっかり見つめ、

あのころのように、もう一度、駆け抜けていこう。

あの頃の輝きを、決して忘れないで生きていこう。