情熱発信流書き方その④ ストーリーの考え方

どんな物語にも必ず自分たちが関わっている役割があります。

登場人物なのか、語り手なのか、読み手なのか。

以前、「ホタルイカ」について書いてみました。

主人公は「ホタルイカ」です。

「ホタルイカ」を擬人化し、語り手目線で書く

こんなイメージです。

物語には必ず、語り手、聞き手、主人公がいます。

どの立場で書くのかによって、受ける印象が違ってくるのです。

ブログの場合は、ほとんどが自分目線です。

今日あった出来事、自分が思ったこと、考えたことを書きます。

でも、ちょっと視点を変えてみる。

例えば、自分の想いを、自分以外のものに投影させてみる、

そこに1つのストーリーが生まれるのではないでしょうか?

わたしの場合は

ホタルイカの光の発信に、発信に対する自分の想いを投影させてみました。

ただこれは1つの手段にすぎません

しかも投影はやはり投影、影でしかありません。

伝えたいことや内容によっては、

真っ直ぐな表現のほうがチカラは強いでしょう。

文章を楽しむ一つの方法だと思います。

情熱発信はあなた自身へのメッセージです。

想いを行動に換える発信、是非楽しみましょう!

ホタルイカの記事はこちらです!