源流を見つけよう!

どんなに濁っている川の水も
源流はきっと澄んでいる。

湧き出る水は、何も含まず、
あるのは純粋に水だけ。

わたしたちの「想い」も同じではないだろうか?

想いの源流は、日々の流れの中で、
いろいろなものが混ざっていく。

それが人生というストーリーなのだから。

でも、一つ一つの想いを遡って行けば、
きっと自分の源流を見つけることが出来るはず。

今、思っていること、
楽しかった思い出
嬉しかった出来事、

思い出したくないほど辛かった出来事も
一つひとつ拾い上げていくことによって

少しずつ源流に近づいて行けるのだ

「原点に還る」

モノゴトに迷ったときや、目標を見失いそうなとき、
これは基本である。

「源流に還る」

自分の「想い」の源流はどこにあるのだろうか?

その場所こそが情熱の湧水だと思う。