まずはカタチから入ってみませんか?

何かを始めようとするとき、
あるいはどこかへ行こうとするとき、

カタチから入る!

このフレーズ、好くも悪くも聞いたことあるのではないでしょうか?

子どものころ、よく親に言われました。

スキーを始める前には道具を一式揃えました。

スポーツジムに通う前にも一式揃えました。

必要になれば揃えればいい。

確かに合理的に考えるとそうかもしれません。

1度も使わずに終わったものも結構あります。

でも、自分にとってはモチベーションを上げるための儀式だったような気がします。

カタチから入る!
言葉から入る!

今は好い意味で使われています。

なりたい自分をイメージする。

言葉づかいを変えてみる。

これが好い意味でのカタチからはいるです。

道具を揃えるだけではスキーは上手くならない。

テキストを本棚に飾るだけでは知識は身に着かない。

憧れている人の振る舞いを真似ても、その人のようになれるわけではない。

そんな当たり前のことは充分わかっています。

それでも、なりたい!行きたい!近づきたい!
と思い続けることが、夢を叶える方法で、
モチベーションを持ち続けることが出来るのなら、
やはりカタチから入ることは、わたしにとってはかなり必要です。

最近、部屋に飾ってあるのは、行きたい街の写真
流れている音楽は、絶対共鳴の価値観を歌っている曲
本棚に置いてあるのは、生き方を教えてくれる物語

必ずたどり着けると信じ続けるためにも

これからも

楽しみながら

まずはカタチから、

そして、言葉から入ること

是非、お奨めします。