言葉は感情を伝える

例えば、口論したときも、
「気にしていないよ」と相手が言ったとしても
言葉の端々で、

「ネに持っているな・・・」
と感じることはないでしょうか?

また、
「わたしたちは対等の友人だから」

と言う言葉の端々で

「自分のほうが優位だと思っている」

と、感じることはないでしょうか?

もちろん、受け取りがわの気持ちもあると思います。

それでも、どんなに取り繕ったつもりでも、

そんなことは思っていないと、自分自身に言い聞かせても、

本当の気持ちは、言葉では隠し切れないのである。

だったら、いっそ取り繕うのをやめればいい。

言いたいことをはっきり言えばいい。

ホンネを吐いてしまえばいい。

そして、スッキリさせた方がよほど好い。

溢れ出る想いは、隠し切れないのだから・・・