どこにも書かれていない物語

先日、久しぶりに書店に行きました。

大体、店内を一回りします。

そこで、いつもは気になった本を手に取ってみてみます。

でも、今回は、あまり手に取ろうとは思いませんでした。

そこには、同じ内容の本がいくつもありました。

多分、同じようなことが書かれているのだろう

と、単純に推測できるからです。

わたしたちが知りたいのは、

まだ誰も知らない情報、

わたしたちが読みたいのは、

どこにも書かれていない物語なのではないでしょうか?

道具などの使い方もそうです。

知りたいのは使い方ではありません。

使い方は、説明書を読めば、それで終わり。

自分だったらどんな使い方をするのか?

それを使うことによって、どんな可能性が広がるのか?

そこには自分だけの使い方があるはずです。

ブログも同じです。

読者が探しているのは、ただの解説書ではありません。

どの解説書にも書かれていない、自分だけの解説書です。

SNSもそうです。

共感を得るのは、誰もが知っていることではありません。

あなたしか知らない、あなた自身の想いです。

あなたの経験は、誰かが探している宝物。

必要としている人に、真っ直ぐに届けましょう!