主語を入れること、それは「誰」の想いなのか、あるいは「誰」への想いなのかを明確にすること

話しているときは、言い回しやニュアンスで伝わっても、

文章にすると、なかなか伝わらないことがよくあります。

ブログを書くときや、語り口調の文章を書く場合、

主語が抜け落ちてしまっているからです。

もちろん、作文のように書く必要はありません。

それでも、これは誰の意見なのか、誰に語っているのか、

主語がないと、何となくぼんやりしてしまうのです。

主語には、一人称、二人称、三人称があります。

「わたし(たち)」「あなた(みなさん)」「彼・彼女(彼・彼女たち)」

わたしはこれらを使うことにしています。

「誰」が明確化すると、伝わりやすくなります。

わたしは特に一人称を使うことにしています。

わたし、という言葉を使うことで、自分自身に伝えているからです。

わたしはこう思う!

わたしはこうしたい!

わたしはこうありたい!

これは全て自分自身へのメッセージです。

溢れ出る想いを真っ直ぐに著すこと。

それは自分自身へのメッセージです。

あなたも、溢れる想いを真っ直ぐに著し、

自分自身へ届けましょう!

前の記事

言葉と出会う