ペンは剣より強い?

「ペンは剣より強い!」

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

これは、
言論の力は武力よりも大きい力を持っている。
という意味よく使われています。

いくつかの学校や大学でも、
この句を元にエンブレムや校章が作られているそうです。

ただ、元々の意味は

「権力者のペンによる許可書(令状や命令書などを含む)への署名が、どんな武器にまさる」

これは、戯曲の一説にあったセリフです。

言葉は「諸刃の剣」です。

相手を傷つけた言葉は、自分自身も深く傷つけます。

でも、たった一言で

多くの人を救うこともできるのです。

自分の言葉によって救われた人がいることを知ることで、

わたし自身も救われる。

これが言葉の本当のチカラだと思います。

書くことは、この言葉の力を最大限に引き出すこと。

「ペンは剣より強い」

だからこそ、わたしはこの言葉を信じることが出来るのです。

情熱発信は「湧き出る想い」を自分の言葉で著すこと。

それはあなた自身を支える大きな力です。

想いを真っ直ぐに伝える言葉の力、高めていきませんか?