あなたにしか書けない物語

わたしたちが読みたい物語、

それはもちろんハッピーエンドです。

何故なら、わたしたちは心の中で、自分の未来を重ね合わせているからです。

自分の未来も悲劇かもしれない・・・・

そんな気持ちにさせる物語、そんなの読みたい人はいません。

でも、心の中では

「はいはい、どうせハッピーエンドでしょ?」

という気持ち、ありませんか?

「結末はわかっているけど、引き込まれる物語」

それをわたしたちは求めているのではないでしょうか?

物語の型にはいくつかの種類があります。

ディズニー映画に例えるなら、

「シンデレラ」のような、サクセスストーリー

「ピーターパン」や「ピノキオ」のような成長ストーリー

「宝島」のような冒険ストーリーです。

どれもハッピーエンドですが、

わたしたちを魅了するエピソードが含まれています。

ブログも同じです。

例えば、失敗エピソードから生まれる共感

小さな幸せエピソードから生まれる共感

挫折の繰り返しエピソードの中から見つかる勇気。

言いたいことはわかっているけど、共感できるストーリー、

わたしたちが伝えなければいけないのは、そういうエピソードなのです。

誰だって、失敗を恐れる人からの励ましは欲しくはない。

小さな幸せを感じない人の優しさは信じらない。

挫折を知らない人に、自分たちのココロの痛みは分からない

情熱発信はあなたにしか書けない物語です。

溢れ出る想いを真っ直ぐに著し、大切な人に届けましょう。