自分との約束

約束を守るのが一番難しいのは

自分との約束である。

他人との約束は守りやすい。

見栄や立場(例えば職場や友人関係)

を考えてしまうからである。

でも、自分との約束は誰にも分からない。

破ってしまったとしても、

ちゃんと言い訳も考えている。

でも、一番難しいのは、

自分自身との約束を破った場合である。

友人や知人との約束が守れなかった場合、

許されるか、許されないかは別だとしても、

とりあえず、誤ることは出来る。

でも、自分との約束を破った場合、

わたしたちは誰に謝ればいいのだろう?

そして、わたし自身、それを許すことが出来るのだろうか?

この問いかけは、昔から変わりません。

吉田松陰の言葉にもあります。

約束を守らない人を信用できないように、

自分自身をも信用できなくなる。

自分と交わした約束は、

どんな小さな約束でも、

守っていこうと思う。

情熱発信は溢れ出る想いを真っ直ぐに著すこと。

自分が描く山の頂を目指して、書き続けよう!