「結局、わたしは、誰が何と言っても、 自分が納得しないと動かない!」

どんなに成功している人だって、

道に迷うことはある!と、思う。

どんなに強い信念を持っている人でも、

自信が揺らぐことがある!と、思う。

わたし自身、いつも迷ってばかりいる。

いくら調べても、誰かに聞いても、納得のいく答えが見つからない。

そんな時、父の言葉が蘇る。

何か、コトを起こすたび、父はわたしに言った。

「結局、お前は、誰が何を言っても、

自分が納得しないと動かない。

だから、自分で決めるしかない!」

中学生のとき、わたしは学校に行くのを拒んだ。

親や担任がなんと言っても、あんな教室にいるのはイヤだと思った。

心配してくれる友人がいたけど、学校に戻る気にはなれなかった。

どういうふうに気持ちが動いたのかは覚えていないけど、

学校に戻ると決めた日のコトは、覚えている。

その日の夜、

「明日から学校へ行く」

一言だけ親に言った。

突然のことに、母は驚いていた。

即、担任に連絡した。

次の日、わたしは迷わず登校した。

それ以来、どんなに辛いことがあっても、

学校を辞めよう!

と思ったことはない。

自分で納得して決めたことだから。

2年前、わたしは今のサービスを立ち上げた。

「退職して、個人事業主になる!」

突然のことに回りは驚いたと思う。

大丈夫なのか?とかやっていけるのか?

とか、いろいろ不安はある。

また、周囲からもいろいろな声がある。

でも、成功するにしても、失敗するにしても、

自分で納得したい。

応援してくれる人たちの声がある。

同じように頑張っている人たちからのエールもある。

それは、真っ直ぐにわたしの胸に響く。

でも、まだ自分が迷っていると感じるときは

父の声がわたしの中に蘇る。

「結局、お前は、誰が何を言っても、

自分が納得しないと動かない!」

結局、答えはいつも自分自身の中にあるのだ。

情熱発信は湧き出る想いを真っ直ぐに著すこと。

自分の想いを真っ直ぐに見つめ、明日へ向かう力に換えていこう!