「想いを遺す」こと

わたしは夢を見るのが好きだ。

この「夢」とは、寝て見る「夢」のことである。

まるで不思議な映画やドラマを見ているように

夢を見ていることがある。

目が覚めたとき、内容はほとんど覚えていない。

でも、感覚は覚えていることもある。

例えば、どことなく感じる「懐かしさ」

そういうときの夢は、たいてい「思い出の家」が出てくる。

わたしには育った家が3つある。

一つは父の実家、父と母と姉、父の両親と祖母が住んでいた家だ。

もう一つはわたしが育った家。

そこは母の実家だ。

そして、父と母が建てた家、わたしと父と母、姉と妹、

そして母方の祖母と暮らし始めた家だ。

わたしの両親は共働きで、父方の祖母も体が弱かった。

母は姉と生まれたばかりのわたしの両方を育てることが出来ず、

わたしと妹は母の実家で育った。

保育園に入る年、ようやく、わたしは父の実家で両親や姉と暮らせることになった。

数年後、両親は新しく家を建て、わたし達は引っ越すことになった。

そのとき、妹も保育園に入る年齢だったし、

姉もわたしもまだ小学生だったので、祖母も同居することになったのである。

どの家の、今はもう無い。

間取りもほとんど覚えていない。

部屋の様子など、断片的に覚えているだけである。

夢で見たのも、どの家のことだったのかは、分からない。

それでも、まるでアルバムを開いたときのように、

懐かしさを感じ、ほんの少し、思い出に浸ることができる。

想いを遺すということは、こういうことなのかもしれない。