「言葉」の役割って何なんだろう?

昨日、13歳になった甥っ子からメールが届いた

「ケーキ、ありがとう」

わたしには、姪っ子、甥っ子が5人いる。

それぞれの誕生日にケーキを届けるの約束になっている。

彼が生まれた年に父が急逝、

3歳の姪っ子と甥っ子がいたので、

姉の家も、妹の家も大騒ぎの時期だった。

それから2年後、

妹が男の子を出産、その同じ年、姉が女の子を出産した。

両家は、さらに大騒ぎの家になった。

ベビーベッドで遊んでいた姪っ子が突然泣き出したことがあった。

わたしには最初、何が起こったのかわからなかった。

伝わらないもどかしさからか、

彼女はより大きな声で泣き始めた。

でも母親がきて、抱き上げると、

彼女はニコニコして周りを見回した。

彼女は単純に抱っこしてほしかったのだ。

赤ちゃんは、当然ながら言葉を知らない。

伝えたいことがあれば大声で泣く。

でも、世の中のお母さんたちは、何で泣いているのか、

感覚で分かるらしい。

では、「言葉」の役割って何なんだろう?

何故、わたしたちは言葉を使っているのに、

上手く伝えることができないのだろう。

わたしにも伝えたい想いがある。

なかなか届かない想いがある。

情熱発信は湧き出る熱い想いを真っ直ぐに著すこと。

その言葉の持つ本当の意味を、伝え続けていきたいと思う。