そして、情熱発信へ・・・

わたしの情熱の、最初の臨界点

それは、昨年の秋ごろだったと思います。

ブログも書けずに、

誰の言葉も響かず、

想いだけが堂々めぐりをしていました。

結局のところ、情熱とは何だろう?

と考え続ける毎日でした。

今も明確な答えは出ていません。

ただ、

「ここに在ると分かっているのに、目に見えないもの」

そんなイメージです。

迷っていたけど、

見失いかけていたけど、

前にしか道は無い!

そう思いました。

そして、再びブログを書き始めました。

書くことで、私自身の答えを見つけていく。

そう決めました。

そこには誰の評価も、応援もいらない。

そこに書かれているのは、わたしだけのストーリーだから。

でも、わたしが書き続けることによって見ることが出来た世界を

誰かに届けることができるのかもしれない。

これがわたしの今の「情熱発信」です。

情熱発信は、溢れ出る想いを自分の言葉で著し、

まだ知らぬ人へ届けること。

わたしたちの知識は宝物であり、

わたしたちの生きてきた道は、唯一無二の物語です。

それを必要としている人が必ずいます。

わたしにしか描けない、自分自身の物語、

これからも書き続けていこうと思います。

前の記事

情熱突破を目指して

次の記事

風が吹いている