「人生って、そう捨てたものじゃないね。」

久しぶりに学生時代の友人と会いました。

お互いの近況を話してみて、改めてびっくり。

放課後、紙パックのジュースを飲みながら語り合った夢

わたしはモノを書く仕事で、

彼女は大衆食堂の女将さん。

わたしは今ブログを書いているし、

彼女の義母が大衆食堂を始め、手伝っているという。

二人とも夢を叶えつつあります。

彼女の人生も決して順風満帆ではありませんでした。

リストラされたり、

大病を患ったり。。。

でも、思いもがけないところから、

話は舞い込んでくるものですね。

彼女は笑って言ってました。

わたしの人生は4年周期で変わっている。

だから、4年後にはまた何か違うことになっているかもしれない。

確かに、先のことは誰にも分からない。

でも、一生懸命に生きていれば、
こういうこともあるのだ。

「人生って、そう捨てたものじゃないね。」

彼女のその「言葉」、

誰かの元気に繫がればいいな、と思う。