積読になる理由

わたしの部屋にはまだ読まれない本が積んであります。

結構あるなー、と眺めてはため息が出るのですが、

これを機会に、何故読まないのかを考えてみました。

まず、本屋さんで本を見つけます。

タイトルをみて、内容を見て、あとでゆっくり読もう!

と思って購入します。

多分、この

「あとで、ゆっくり読もう」が1つ目の原因です。

いますぐ読みたい!ではないと、「あとで」はなかなかありません。

2つ目は、必要なときに読もう!

と思って購入するハウツー本、テキスト本です。

でも、いまどき、大体のことはネットで探せば出てくるので、

出番はなかなかありません。

3つ目は、読み始めたけど、期待外れだった。

どこかで聞いたような話だった場合です、

もういいや!

って思ってそのままです。

そして、4つ目

読めばはまってしまう、

時間を忘れて読んでしまう!

と言う本です。

だから、怖くて今は手に取れない。

そういう本です。

4つ目の理由。

こういう理由で読まれないのって、

作家冥利に尽きるな、、、と

読まない本を縛りながら

つくづく考えてしまいました・・・。