プライドの在り処

プライドというと、あまり良いイメージはない。

でも、誰にでも心の中に、絶対不可侵の場所を持っていると思う。

その場所こそがプライドだと思う。

他の人からみたら、それはちっぽけなこだわりかもしれない。

何の価値もないモノなのかもしれない。

見映えなんて全然しないものかもしれない。

それを守るためだったら、何を捨ててもいい

それを守るためだったら、どんなことでも出来る。

決してきれいごとだけでは守れなくて、

傷だらけになっても、なお輝きを放つ。

そういうモノだと思う。

名誉とか、誇りとか、信念とか、

そんなちっぽけなモノではなく、

お金とか肩書きとか地位とか

そんな頼りないモノでもない

自分自身のプライドを見つけ、

それを守っていきたいと思う。

前の記事

積読になる理由