商品やサービスにあった発信方法を見つけましょう。

発信するとき、

考えなければいけないのは、これを誰が読むのか?

あるいは誰に読んでもらいたいのか?

と言うことです。

その要素の一つとして世代層があります。

世代には世代ならではの文化があります。

それを理解しないとその世代には伝わりません。

また、その人たちはふだんどんなものを読んでいるのでしょうか?

あるいはどんな生活をしているのか、

そこまで考えてみる必要があります。

リサーチは、案外簡単なところで出来ます。

自分たちと同世代、

すぐ下の後輩たち、

あるいはもう少し上の先輩たち。

あるいは上司。

あるいは新入社員

自分の両親の世代。

あるいは自分の祖父母世代、

また、自分の子供や、兄弟の子供。

まず、自分の周りにいる人が一番早いモデルではないでしょうか?

わたしの母(70代)はあまりインターネットを見ません。

信用する情報源はニュースか新聞です。

ニュース番組も民放は信用しないという保守派です。

ただ、お店情報の詳細はインターネットを見てくれと言います。

インターネットを使わない世代の周りに、

きちんと使える世代がいるのです。

妹夫婦(50代前後)は旅行の申し込み、お買い物にインターネットをよく利用します。

ニュー番組よりもニュースサイトを見ているようです。

でも、新聞も購読しています。

折込チラシを見ているのです。

サービスや商品をより広く知ってもらうためには、

いろいろな媒体を組み合わせることが必要だと思います。

インターネットを使える世代から、使えない世代まで。

そして、使えない世代の人たちの周りにはどんな人たちがいるのだろう?

娘や息子だったら、幾つぐらいだろう?

孫だとしたら幾つぐらいだろう?

その世代は何から情報を得て、彼女の両親や祖父母にこれを届けてくれるのだろう?

あなたの周りにはどんな人たちがいますか?

その人に、あなたの商品やサービスを紹介するとき、どんな言葉をかけますか?

また、あなた自信、商品やサービスを決めるとき、どんな理由で選びますか?

あなたの商品やサービスにあった発信方法を見つけましょう。