誰かの感情に触れたとき、心のマグマが動きます。

誰かの感情に触れたとき、

わたしの中の何かがマグマのように動き出すのを感じます。

でも、そのマグマはそのときの感情によって温度差があるのです。

例えば、ライティング講座などで、

誰かの真っ直ぐな熱い想いに触れたとき、

温度は非常に高くなります。

灼熱の太陽のように、赤く熱い想いが湧き上がるのです。

でも、理不尽な申し出を受けたとき、

あるいは筋の通らないことを強いられたとき、

あるいは、自分たちさえよければ良いと言った

身勝手な想いを聞いたとき、

不快感を通り越して、

青い炎が燃えるのを感じます。

それは、氷のように冷たい炎です。

そして、氷のように冷たい想い、怒りが湧き上がるのを感じます。

自分の中にある絶対的な価値によって、温度が決まるのです。

ただ、そこから発生するのはどちらもエネルギーです。

そのエネルギーを何に使うのか、

それが生き方だと思います。

ただ、感情のままに動くのではなく、

何故、熱い涙が流れるのか、

また、何故、こんなにも許せないのかを考え、

その下にあるわたし自身の想いを見つめていきたいと思います。

情熱発信は溢れ出る想いを真っ直ぐに著すこと。

より好い明日へ向かうためのエネルギーに換えていこう!