赤と青

前回のブログでは、赤は情熱、青は怒りと書きました。

何となく、それがわたしの持つ色のイメージでした。

でも、実際に使われているのは真逆です。

例えば赤信号は「危険」、青信号は「安全」

仏教でも青は得や清澄を表し、赤は恨みの色です。

キリスト教においても、赤はキリストの血の色、

青は、聖なる色として宗教画に描かれています。

では、どうして怒りを青でイメージしていたのか考えてみました。

それは自分の怒り方にあったようです。

怒り方には2種類あります。

顔を真っ赤にして怒るタイプと、

表面上には出さないけど心の中では相当怒っているタイプ。

怒りのイメージが青ということは、

どうやら、わたしの怒り方は後者のようです。

このように、わたしたちの考えるイメージは、

自分の性格や感性、そして経験から連想しているのです。

自分が日ごろよく使う言葉、そこから連想するイメージを、

ちょっと考えてみませんか?

きっと新しい気付きがあると思います。