言葉が教えてくれること

会話や自分で書く文章は
良くも悪くも今の自分を映し出します。

自由ではない。

なぜか、ずっとそう思っていた自分自身。

では、わたしの求めている自由とは

いったい何を指すのだろう。

先日のブログでも書いた自分の想いでした。

自分自身の中に、枠がある。

そこまでは分かっていたのだけど、

その枠が何か分からなかった。

でも、答えは会話の中から見つかります。

言葉は今の自分や思考を映し出すからです。

ブログを書き続けて、

「自由になりたいと思っている」

ということに、気付き、

それを言葉にしたからこそ、

答えも見つかる。

わたしの中の枠は、

どうやら常識や知識と呼ばれているものらしいこと。

そして、同時に気づいたこと。

常識や知識は、わたし自身を縛るものではなく、

それすらも、ある意味、ツールであること。

正しく使いこなすことにより、

さらなるチカラとなること。

自分の想いから出る言葉だからこそ、

いろいろなことを教えてくれるのだ。