過去を振り返るのは、自分の気持ちを確認するためです。

迷いがあるときに、

わたしは過去を振り返ることにしています。

過去の出来事の中に答えを探しているわけではありません。

自分の気持ちを確認するために、

過去を振り返るのです。

例えば、今の仕事を始めようと決めた日のこと。

あるいは、初めてのクライアントさんのこと。

手応えを感じた瞬間のこと。

感動でココロが震えた日。

自分の力不足を痛感し、悔し涙を流した日。

そういう自分がいるからこそ、今の自分がある。

そう思えるからです。

また、今の自分を形づくっているもの、

それはもっと遠い日の思い出です。

本を読みながら育ってきたから、

文章を好きになれた。

主人公たちが、いろいろ教えてくれたから、

言葉のチカラを信じることが出来る。

そして、迷いながら、泣きながら、

自分の想いを伝えてきたから、

アウトプットの大切さを語ることが出来る。

全て、今と繫がっている。

そして、未来へも繫がっていく。

書けば書くほどに、その想いは確信へと変わっていくのです。

わたしの物語は、まだまだ続くのだと。