レイニーブルーの日は

雨の日は、ココロも体も重く、

気分も何となく沈みがちです。

北陸に住む以上は、梅雨とも付き合っていかなければなりません。

雨の日、身体が重たく感じるのは

細胞内の水分が膨張するから、と言われています。

血管が膨らみ、血圧が低下するので、気分もスッキリしないので、

頭痛やめまいなどにもつながるのでしょう。

レイニーブルー

このタイトルがふと、頭をよぎりました。

カラオケでも好く歌われています。

「雨の日の憂鬱」

という意味なのでしょうか。

日本語には雨を表現した言葉が多くあります。

小雨、霧雨、時雨、豪雨、長雨、

また、雨を使わない言葉もあります。

夕立ち、土砂降り、などです。

雨の降り方を表現する言葉もたくさんあります。

しとしと、ざあざあ、ぽつぽつなどです。

 

雨の日の朝は、窓を見ながら、

今日の雨はどんな雨だろうと、

表現方法を考えてみるのも面白いかもしれない。