成っていないことが、言葉に出る

何となく身体が重い、

とか、

何となく、すっきりしない

日が続いていたので、

冗談半分に

「五月病かな?」

と、呟いてみた。

五月病とは、

進学や就職などの環境の変化で、

新しい職場や人間関係にうまく適応できず、

憂鬱な気分になったり、

気力を無くしたりする症状が出る病気です。

ちょうどゴールデンウィークを過ぎた頃に発症するケースが多いため、

「五月病」と言われているようです。

職場の環境も、人間関係も変わっていないのに?

と、ツッコミを入れられそうですが、

気分の浮き沈みは、天気にも関係しているようなので、

どうやら、五月病ではなさそうだ。

休日に銭湯へ行けば疲れも取れるだろう

と自己診断をしています。

そう言えば、

昔、

「最近、わたし、ウツかも・・・」

とつぶやいたとき、同僚から

「自分から名乗る人はいない!」

そう言われました。

言葉に出す、ということは、

何事でもまだ「成っていない!」

ということなのでしょう。

と、いうことは、

「限界突破目指しています!」

と言っている間は、

限界突破は成っていない、ということですね。

この言葉を口にしなくなる日が

限界突破を果たした日となるのでしょうね。