「言葉の重み」

言葉にせずにはいられらなかった想いには、

かなり重みがある。

それが、言葉の重みである。

わたしは言葉は「約束」だと思う。

友人との約束、

家族やパートナーとの約束、

仲間との約束、

そして、自分との約束である。

もちろん、全ての約束を守れるわけではない。

でも、言葉にした以上は、

守るべきだと思うし、守られるよう努力をするべきだ。

言葉にはそれだけの重みがあると思う。

そして、その言葉を書くことにより、

それは「契約」になる。

さらに、重みが増す。

でも、契約を守ることにより、得られる力は絶大のはず。

わたしはこれが「言葉の力」だとも思う。

情熱発信は「溢れ出る想いを自分の言葉で著すこと」

これは自分との契約です。

でも、それを真っ直ぐに届けることにより、

わたしたちの夢や願いへ進む力へ換えていこう!