「情報は知識にあらず」

「情報は知識にあらず」

これは、かの有名な理論物理学者、

アインシュタインの言葉です。

今は情報化時代。

好くも悪くも、たくさんの情報が溢れています。

でも、知識は情報の山の下に埋もれてしまっている、

そんな感覚があるのです。

情報とは、物または人について知らされる内容。

知識とは 経験または教育を通して得ることのできる情報と技術、

理論的もしくは実践的理解。

だから本や参考書、あるいはネットでググッて得たモノは「情報」でしかなく、

経験などを通して得たモノが知識です。

また、情報は、誰が語っても、「情報」でしかなく、

知識は語った人は、それが「言葉」になります。

会話をしていても、誰かが言っていたことをそのまま話したり、

どこかで聞いたような話しばかりだと、興味も失せます。

わたしたちが聴きたいのは「情報」ではなく、「言葉」

誰かが言っていた言葉ではなく、

あなた自身の口から出る言葉。

たとえ、誰かの言葉だったとしても、

「わたしもそう思う」

そういう想いが入って、はじめてあなたの言葉になるのです。

あなたの知識は誰かが探している宝物です。

あなた自身の言葉で、真っ直ぐに著し、必要としている人に届けましょう。