「わたしの後ろに道はない。 わたしの前に道はある。」

人は元々一人である。

家族がいないとか、

友人がいないとか、

パートナーがいないとか、

そういうことではない。

わかち合えないとか、

信じあえないとか、

分かり合えないとか、

そういうことでもない。

自分の足で歩き、自分の手で夢を掴む。

誰でも、他の人に取って代わってもらうことは出来ない。

だから、壁にぶつかっても、

道に迷っても、

「行くしかない」

この言葉がわたしの行動を後押しする。

進めなくなることもある。

同じ道を何度も周っていることもある。

「わたしの後ろに道はない。

わたしの前に道はある。」

最初から戻る道は準備していない。

そう言えば、クルマの運転も同じだ。

行きに通った道は、ほとんど覚えていない。

※「僕の前に道はない、僕の後ろに道は出来る」(高村光太郎 「道程」より)