人のココロは、時として自分をも裏切る。

「自分を信じよう。」

言うのは簡単だが、行うのは難しい。

自分への裏切りは、

自分を信じることに価値をおいている人にしてみれば、

許しがたい行為なのだろう。

わたしは高校生のときに、

こころは、時として自分を裏切るのだ、

そういうものなのだ。

ということを、

夏目漱石の「こころ」から学んだ。

むしろ、人は誰でも人を裏切る。

そして、心がそれをさせるのは、

絶対的な価値あるものを守るためにする防衛策なのだと思った。

そして、それを許せる人間は、

他の人の価値を認めていることになるからだ。

他の人から裏切られても許せるのだと思った。

自分も大切なものを守るためには、

誰かを裏切ることもあるだろう。

もちろん、後味は良くない

恨まれたりもするだろう。

でも、それでも守りたいモノが見つかったら、

人は誰よりも強くなれると思った。