想いとは理解してもらうのではなくて、 共感してもらうもの。

情熱発信は、「溢れ出る想いを自分の言葉で伝えること」

では、「想い」とはいったい何なのだろう、と考えてみた。

「わたしの想いは「お客様に笑顔になってもらいたい」と言うことです」

こう答えたとしたら、これは「想い」ではありません。

これは、「考え」や「希望」なのです。

想いは説明するものではありません。

考えて出てくるものでもありません。

今の気持ちを真っ直ぐに見つめることによって、

湧き上がってくるものなのです。

お客様の笑顔をみて感じた幸福感や、

誰にも理解してもらえずに流した悔し涙

これからは一人で進もうと決めたときの覚悟と孤独。

そして、人の心に触れたときの温かさ。

想いとは理解してもらうのではなくて、

共感してもらうもの。

同じ気持ちを感じてもらえることが、

伝わるということです。

あなたは、想いを伝えていますか?

考えを伝えていませんか?

情熱発信は湧き出る想いを自分の言葉で著すこと。

真っ直ぐな想いを伝えましょう。