絶対不可侵な場所、絶対不可侵な想い。

絶対不可侵な場所、絶対不可侵な想い

だれの中にも、絶対不可侵な場所はある。

そして、絶対不可侵な想いがある。

そこを守るためには、独りで戦わなくてはいけない。

何を言われても、

何を失っても、

守るべき価値があると思っている。

でも、それがどこにあるのか、

不明な場合もある。

探せば探すほど、見失い、

近づけば近づくほど、遠くへいってしまう。

でも、その想いが分かるから、

他の人の想いも大切に出来る。

価値観が違っても、

人が大切にしているものを踏みにじってはいけない、

と思う。

でも、そのエリアを頑なに守り続ける限り、

人は孤独なのかもしれない。