どんなことも、いつかは笑って話せるようになればいい

誰にも思い出したくない出来事や、

忘れたい過去がいくつもあります。

でも、どんなことも、

いつか、笑って話せるようになる。

そう思っています。

心の傷は目にはみえません。

治ったとおもっても、治っていなかったりする。

時がきて、本当に乗り越えたら、

いつしか、その傷は、「思い出」という名前に変わります。

思い出に変われば、きっと、

笑って話せるようになる、

そう思うのです。

わたしの中にも、まだまだ完治していない傷がたくさんある。

時には疼き、傷口が大きく開くときもある。

でも、その傷はいつか、「思い出」となって、

笑って言葉で語れる日がくると思う。

その日を信じて、明日を見つめて行こう。