自分を取り戻す

日常のことに追われたり、

目の前に課題が山積みされていたりすると、

頑張っても、頑張っても、進んでいないように思えて、

疲労感だけが残っていく。

そう感じるときは、

自分を見失っているのかもしれません。

誰でも、いろいろな問題を抱えて生きています。

モノゴトが上手く進む日もあれば、

全く進まない日もあります。

もし、なかなか元気が出てこないな、

と思ったときは、

少し、思考を現実から離しましょう。

一番効果的なのは、自分のやりたいことを考えます。

それを言葉にしてみます。

例えば、

「今、わたしはニューヨークに行きたい!」

こう言葉にすると、

想いはニューヨークに飛びます。

セントラルパークで見た、青い空を思い出します。

でも、ここで、「行きたい!」

を、「行く」あるいは「絶対いく!」と

書き換えると、

行くためには、何が必要か、と思考が変わります。

今、山積みになっている課題も、

ニューヨークへ行くための課題だとしたら、

あるいは、

今ある課題に疲れたときに、

セントラルパークの青い空を思い出すことが出来たら、

新しい元気が出てくるでしょう。

そしたら、また一歩進めるはず。

想いを言葉に換え、言葉を行動に換える。

そうすれば、きっと いつもの自分に戻れるはず。