言葉は水面と同じです。濁っていては何も映しません。

「言葉を濁す・口をに濁す」

という言葉があります。

自分の想いをはっきり言わない、

適当に誤魔化す。

そんな意味でよく使われます。

言葉は水面のようなものだと思っています。

湖や池の水は、澄めば澄むほど、光りを集め、景色を映します。

わたしたちの言葉も同じです。

言葉を濁していては、想いは映さない。

光りも集めないし、周りの風景も見えない。

覗いてみても、歪んだ自分の影が映るだけです。

でも、たゆまなく流れる清流の水は、

光りを集め、景色を照らし、水底まで映す。

たゆまなく流れる水が、いろいろなモノを一緒に流すため、

水はいつも澄んでいるのです。

わたしたちの言葉も同じです。

濁さず、クリアにして行くことによって、

想いを映し出す。

想いをまっすぐに言葉に換えていけば、

どんどん気持ちがクリアになる。

そして、言葉は澄んでいきます。

光りを集め、あなた自信をも輝かせる、

あなたの想いを、清流の水に映し出しましょう。