何故、自分の言葉は伝わっていないと思うのですか?

ブログやSNSでイベントの告知をしていて、

自分の想いが伝わっているのかな?

届いているのかな?

って思うこと、ありませんか?

反応が薄かったり、

いいねの数が少なかったりすると、

やはり気持ちは引っ張られてしまいます。

では、届いたというのは、

イイネの数でしょうか?

閲覧数でしょうか?

それは、もしかして、

「伝わっていない」のではなくて、

「伝わったらこうなる!」って基準があいまいなのかもしれません。

読んでもらえたら、イイネや閲覧数は増えます。

読んでもらいたい記事の場合、それが基準になります。

でも、イベントやセミナーに集まってもらいたいのなら、

イイネの数ではなくて、参加者の数ですよね。

イベントをシェアしてもらいたいのなら、シェアの数です。

イベントを投稿する目的がはっきりしていますか?

今日の告知記事は、集めるためのものですか?

集めるためのものなら、

どんな人に参加してもらいたいのか、自分の言葉で伝えましょう。

イベントの内容を、自分の言葉で伝えましょう。

何故、参加してもらいたいのか伝えましょう。

この講師を選んだ想いを、自分の言葉で伝えましょう。

シェアしてほしいのなら、

是非、勧めてほしいという想いを書きましょう。

そして、シェアして欲しい人たちに向けて発信しましょう。

集めたいところに、人が集まってきている。

自分の想いに共感して、それぞれの友人に勧めてくれる。

それが伝わることだと思います。

そして、そのイベントに参加して良かった

そう思ってもらえたことが、届いたということだと思います。

あなたの想い、伝わっていますか?