言葉の長さも「帯に短し、襷(たすき)に長し」

言葉の長さは難しい。

言い過ぎても、足らなくても、伝わらない。

言葉が多いと、

言葉数が多いと言われ、

言葉が少ないと

言葉足らずと言われる。

誠に勝手なものである。

それぞれの言い分があるのだろう。

では、ちょうど好い量、長さとはどのくらいを言うのだろう?

そういうものなんて、人それぞれで測れるものではない。

問題なのは伝わったか伝わってないかだけなのである。

そういえば、

こういう諺を思い出した。

「帯に短し、襷(たすき)に長し」

いくら説明をしても、説いても、

理解してもらえなかったり、伝わらなかったら、

中途半端に言葉を並べるよりも、

伝え方を変えればいいのかもしれない。

言葉を変えてみたり、

行動で伝えてみたり、

自分なりの方法を見つけよう。