なぜ、文章を書くのが苦手だと思うのですか?

なぜ、文章を書くのが苦手だと思うのですか?

ブログや文章を書くのが苦手です。

もし、あなたがそういうふうに考えているのだとしたら、

もしかして、それは、こんなことかもしれません。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手

あるいは、自分の気持ちを人に話すのが苦手。

文章を書くとき、つい、難しく考えてしまう。

もし、こういう意識があるのなら、

この意識の下にはどんな想いがあるのか、

もう少し見つめてみませんか?

自分の気持ちを表す言葉は、見つけるのに時間がかかります。

文字通り、「言葉にならない想い」もあるからです。

そういうとき、わたしは、感じたことをそのまま書きます。

「それを聞いたとき、熱いモノがこみ上げて来て、涙があふれて止まらなかった」とか、

そのまま表現します。

感動とか、胸が震えるとか、そんな言葉に変換するよりも、伝わります。

また、自分の気持ちを伝えるには2つの勇気が必要になってきます。

1つは、自分の気持ちを認める勇気。

悲しいのに、泣きたいのに、それを認めたくなくて、

「大丈夫、わたしは元気だよ!」って言ってしまうことってないですか?

もう一つは、リアクションを受け止める勇気

伝えたことに対する反応を受け止める勇気です。

「傷つけるかも、怒らせるかも、笑われるかも、」

反応を受け止める勇気を出さないと、コミュニケーションはとれません。

また、SNSでの反応、イイネの数や炎上をを受け止める勇気も大切だと思います。

結局、この2つを考えてしまうから、ラクに書けないのです。

自分の気持ちを伝える言葉を探し、相手の反応を考えてしまう。

考えすぎて言葉が見つからない・・・

これらの問題を解決する一番の方法。

今、あなたが一番望んでいることを。

「わたしはこう生きたい」

まずはそれを紙に書きましょう。

想いつく言葉のまま書きましょう。

その中からきっと、あなたの想い、勇気が見つかるはずです。

情熱発信ライティング講座は、

自分自身に届く言葉を学ぶためのライティング講座です。

想いを言葉に換え、言葉を行動に繋げましょう。