「遊び」を「遊びこころ」で取り入れよう!

最近、「遊び」を大切にしている。

「遊」と言う言葉は、もともと「無心」になるという意味らしい。

遊ぶとは、単なる暇つぶしではなく、ただ、楽しくて夢中になれるもの。

だから、「学ぶ」ためとか「必要だから」という思惑も一切無い。

想いが煮詰まっていたり、なんとなくすっきりしない日が続いたときは、

日常の思惑を切り離し、

思いっきり遊んでみることにしている。

例えば、一人で銭湯にいく。

知っている人が誰も居ない場所で、ゆっくり時間を過ごす。

無心になっているので、これも「遊び」だと思う。

好きな映画やDVDを観る、好きな本を読む、音楽を聴く、

夢中になれるものは、全て遊びです。

そして、最近もうひとつ始めたこと。

それは日々の活動の中に、「遊び心」を取り入れること。

仕事の中に、勉強の中に、または活動の中に、

自分だけの楽しみを少し取り入れることによって、

活動そのものが「遊」になれば、

わたしたちは最強になることが出来るはずだ。

だって、「楽しい」「大好き」に勝る思いはないのだから。。。