目に見えない「風」、どのように表現しますか?

想いが湧き上がってこない、

書きたい言葉が見つからない、

そういう時は、表現力を磨く時間にしています。

目に見えない「想い」は風のようなものです。

風自体は見えないから、表現のしようがない。

わたしたちが、

「風が吹いている」

というのを認識するのは、

風が起こす現象、あるいは感覚で知るのです。

その現象も、

「木々が揺れている」

「窓がガタガタなっている」

「冷たい空気が、すごい速さでわたしの頬を打つ」

現象的にはこんな感じですが、

これを総じて、

風が吹いているって言います。

今晩はどんな風が吹いていますか?

それをあなたの言葉で表現してみませんか?

想いも風と一緒です。

湧き上がるといっても、

湧水や温泉のように目に見えて、

沸きあがってくるものではありません。

でも、心を揺さぶられたり、熱い涙が出てきたり、

言葉となって出てくる、これらの現象から、

感じるものなのです。

あなたは、今の活動やサービスにどんな想いを持っていますか?

それをあなたはどのように感じていますか?

目に見えないものを、目に見える現象として伝えていくこと

想いを伝えるとは、そういうことだと思います。

それをあなただけの言葉で表現していきましょう。