不安に負けそうなら、とことん向き合ってみよう。

誰でもさきのことを考えると、

不安になること、あると思います。

一度不安になると、不安は雪だるま式に膨れ上がります。

明日は?10年後は?老後は?

そういうときは、

わたしはとことん不安と向き合うことにしています。

こうして、ブログに書いたり、

あるいは、先人の言葉の中から、勇気とヒントを見つけたり・・・

わたしに勇気をくれるのは、やはり吉田松陰の言葉です。

「余計なことは考えずに、今、目の前にある課題をこなしていこう!」

「「怖い」とか「不安だ!」というのは、過去の偏った経験から出る言葉であり、

何の実体もない!」

確かに、未来を憂いても、仕方が無い。

そのことばかりを考えて行動が止まってしまうのは、本末転倒です。

望む未来は、絶対叶いません。

でも、不安を敢て、自分の言葉に置き換えてみることによって、

問題点が見えてきます。

何があれば心配事が減るのか?

そのために、今から出来ることは何になるのか?

そうすれば、行動が決まります。

行動することにより、何かが動きます。

目に見えない変化だとしても、

それを繰り返していくことにより、

それは、いつの日か、大きな効果となるでしょう。

不安という暗闇のなかには、何も潜んでいません。

光をあててみても、ただの空間があるだけです。

不安を感じたら、、あなたの想いで照らしてみましょう。

そして、言葉を勇気とエネルギーに換え、行動へとつなげましょう。