わたしは、「人生は戦いだ!」と思っているらしい。

ロジックシンキング(論理的思考)で、

自分の思考を整理してみると、

自分の意外な特性に気が付く

それは人生観だったりもします。

どうやらわたしは、「人生は戦いだ!」と思っているらしい。

争い事は嫌い!

とか言っているけど、

この言葉の下にはそういう想いがあるのだ。

争いは避けるものだと思っている。

また、勝ち目のない喧嘩はしたくない。

つまり、共存とか多様性とかと言う言葉は、

思考がないから言葉に出てこないのである。

逆に、「ペンは剣より強い」、

とか「ペンは諸刃の剣」と言う言葉をよく使う。

やはり、好戦的な思考を持っているのだと思う。

でも、もし、この思考を変えたいのなら、

敢えて、いつもは使わない言葉を使えば変わるのかもしれない。

平和を望むなら、平和を表す言葉。

安らぎを得たいのなら、癒される言葉、

それを意識することによって、思考が働き、

平和や癒しへと行動を向かわせてくれるだろう。

また、今の思考が信念から生まれたモノであるなら、

この言葉をいつも心に刻めば、行動は加速するだろう。

言葉は思考になり、思考は言葉になる。

言葉や思考は行動を変える。

わたしは言葉の力を信じる。

言葉の力を最大限の味方につけ、より好い明日へ向かっていこう。