主体性について考えてみました。

主体性という言葉、

今日、初めてこの言葉に触れたような気がします。

似たような言葉はいくつかあります。

例えば「自主性・自発性」など、

主体性は何かと改めて自分に問う時間でした。

主体性とは、

「自ら選んで行動した結果について、責任を負うこと」

その言葉には、かなりの重みがあります。

自分で選んだのだから、当然ながら、

どんな結果が出ても誰のせいでもありません。

では、「責任」とは何なのか?

前回も話題にしましたが、

その問いかけがずっと想いの中にあるからです。

以前、ある経営者の方とお話しをさせていただく機会がありました。

長くお付き合いしていたある企業から、取引を断られたそうです。

営業担当者がそれを報告したとき。

「あなたは、それでどうするのか、どう責任をとるのか、考えなさい。
わたしも経営者としての責任の取り方を考えます」

と言ったそうです。

決して辞めろと言っているわけではありません。

辞めたり、謝罪をするのが責任の取り方ではないからです。

残念ながら、営業担当者がどう責任をとったのか、

また、経営者としてどうしたのかを尋ねる機会はありませんでした。

わたしたちが自主性を持って動いた結果に対しての責任、

それは一体、何に対しての責任だろうか?

そして、誰に対しての責任なのだろうか?

ひとつひとつの想いを見つめ、

これからも自分自身に問い続けていこう。