まずは穏やかにあきらめ、そこから再びスタートします。

何かを始めようとしたとき、

あるいは何かを続けているとき、

なかなか成果が出なくて、焦りを感じるときがあります。

気持ちもくじけてしまいそうになります。

そう感じたとき、

わたしは2つのことを考えるようにしています。

まずは、とりあえず継続すること。

成果はいつ出てくるのかわからないけど、

辞めてしまったら永遠に出てこない。

それだけははっきりしているからです。

もう一つは、

成果を出すために必要なことを、

全部しているのか?

ということです。

1つや2つ、実行したところで、

大きな成果は出るわけない。

やるだけのことをした後で、

それでも効果が出ないのだったら、

それから考えればいい。

そう考えることで、

穏やかに、あきらめることができるのです。

そうか、これだけのことしか出来てないからだ・・・

もっと成果を出したいのなら、もっと頑張るしかない。

それだけの覚悟がないのなら、あきらめたほうがいい。

わたしは毎日ブログを3記事書いています。

わたし自身、言葉の力がまだまだ弱いのは、

まだまだ鍛え方が足りないからです。

文章を書くこと、言葉を使うことを、生涯を通しての仕事にするためには、

読解力を高め。思考力を高め、

そして自分自身の想いをさらに高めていく必要があります。

そのために、今出来ること、今なら出来ること、今しか出来ないことを、

しっかりと見つめ、行動に換えていきます。