教えるために学ぶのではなく、自分のために学ぶのです。

3年前、自己発信したい人をサポートするため、
WordPressラーニングを始めた。

WordPress自体、職場で数年使っていたので、

使い方は分かっていた。

始めは、その知識を伝えるだけのつもりだった。

でも、それを「仕事」にしたとき、

もっと学ばなければならない、と思った。

もっと自分でも、ちゃんと使えるようにしなければならないと思った。

その瞬間、やりたいことの軸がぶれた。

わたしが、伝えたかったのは

「自分の言葉で伝える大切さ」

そして、サポートしたかったのは

「自分の言葉で伝えるための方法」

そのために、WordPressだったはずなのに、

いつの間にか、WordPressを教える人になっていた。

人に教えるために学ぶのではない。

自分が使うために覚えていけばいい。

そして、自分で使いこなすことが出来れば、

誰にでも、伝えることは出来る。

そして、どんなサポートでも出来る。

今、わたしは言葉の使い方を学んでいる。

それは、自分自身が、心に動かす言葉を使えるようになりたいからだ。

吉田松蔭も「知行合一」を説いている。

「行動を伴わない知識は未完成である」

という意味だ。

わたし自身、もっと言葉の力を高め、

想いを届けよう。